2020年06月13日

『薪を焚く』の原書

20200612a.jpg

 人気商品でも紹介しました ラーシュ・ミッティング著 (朝田千惠訳)『薪を焚く』。
 本の中の薪アートの写真を見た事が有る、と思っていたら、原書『HEL VED』が以前から当店にありました。

20200612b.jpg

 原書のカバーには、著者の写真も載っていました。

《ぜいたく屋》当店の人気商品 / ラーシュ・ミッティング『薪を焚く』
posted by zeitakuya at 20:00| エッセイ

2020年06月08日

杉の木を割って焚いています

20020608d.jpg

 パリンと割れるくらい乾燥していると、
 とても綺麗に燃えて暖かいです。

20020608a.jpg

20020608b.jpg

20020608c.jpg

posted by zeitakuya at 20:00| エッセイ

2020年05月22日

薪の種類と燃焼性

 針葉樹・広葉樹とも十分に乾燥していれば、燃焼してもススはほとんど出ず、薪として使うことができます。
 樹の種類ごと、熱量の高さや燃焼時間を比較した一覧表がありますので、ぜひご覧下さい。

《ぜいたく屋》薪の種類と燃焼性

manual-1-maki-2-photo-1.jpg

《ぜいたく屋》取り扱い説明「薪の用意」

《Google》画像「薪アート ( firewood art ) 」
 薪を積んで作った世界の「薪アート」です。
 皆様もぜひ挑戦してみて下さい!
posted by zeitakuya at 20:00| エッセイ

2020年04月22日

もりわじんさん

 4月21日放送の『マツコの知らない世界』で、創作招き猫の第一人者として もりわじん さんが紹介されました。
 おみくじ猫や366匹の誕生日猫 . . . 楽しい招き猫がたくさん登場しました。

2020-0422-moriwajin.jpg
当店のもりわじんさんの作品

 以前はホームページからおみくじが引けました。
 そのコメントに癒され、ついつい何度も引いてしまいました。

もりわじん
(ぜいたく屋 施工例 no.460 より)

posted by zeitakuya at 22:00| エッセイ

2020年04月18日

『暖炉の火』

 仙台市にあるアンティーク家具「ファニチュア ヒロシ」さんのご依頼で、当店の薪屋さんだった米沢市「かにの家」さんに、薪の配達をご紹介しました。
 いつも「奥様が、にこやかに出迎えて下さって、帰りに心温まるお土産をたくさん頂きました」と聞いております。

 ある時「ファニチュア ヒロシ」さんから、新幹線の雑誌に載っている『暖炉の火』と云うエッセイを教えて頂きました。

2020-0416-trainvert-r1.jpg

 夜半、仕事をしていると薪の爆ぜる音で筆を止めることがある。
 暖炉の音である。
 そんな時、私はしばし手を休め、暖炉に寄り、燃え立つ薪を見つめる。
 すると一人の少年のうしろ姿が浮かぶ。やや背を丸め箒を手に床を掃いている。. . . (略)
(伊集院 静『暖炉の火』 トランヴェール 2010年2月号 巻頭エッセイ)

2020-0416-trainvert-r2.jpg

 薪を運んできた「親方」と「美しい瞳をした少年」. . .
 この優しく心温まる文章を「かにの家」さんにお届けしました。

posted by zeitakuya at 10:00| エッセイ