2021年09月07日

幸せのアイスクリーム

2021-0907-ice2.jpg

コロナ禍でお家時間やアウトドア時間が増えて
サウナストーブの人気が高まっています。

サウナの中で、特別おいしいアイスクリームを食べるひと時が最高!!
. . . と、イチゴ・バニラ・マスカットのアイスクリームが届きました。

2021-0907-ice1.jpg

サウナの中でなくても、ほっぺが落ちそうなくらい美味しかったです。

2021-0907-ice3.jpg
posted by zeitakuya at 20:00| エッセイ

2021年08月02日

北欧やヨーロッパでの薪割りの方法

 古いカタログから『薪の話』をご紹介します ───

薪は人間の手でつくることができる、唯一の燃料です。
薪はひと敷、ひと棚という容積計算単位で数えます。
現在は、ひと敷単位として取引が行われています。
ふた敷をひと棚と呼びます。

essay20210801b.jpg

薪を割るときはマサカリを使いますが、木には、たくさんの節があり、
必ずしもカパッと気持ちよく割れるものではありません。
マサカリがくい込んで外れない. . . 。
そんな時、くい込んだマサカリを薪ごと振り上げ、
マサカリの頭を下にして、振りおろしてください。

essay20210801a.jpg

これは、昔から北欧やロシアでの薪割りの方法です。
posted by zeitakuya at 10:00| エッセイ

2021年04月16日

東日本大震災から10年が経ちました。

 寒い 寒い中、被災地のお客様から
「薪ストーブがこんなに有り難いとは思いませんでした!」
とのメールを最初に頂いた事が、忘れられません。

 暖をとり、御飯を炊いて、何日も何か月も
過ごされた方々からの経験談も聞かせて頂きました。

 また、被災地へ救助・支援・応援にいらっしゃった方々の
必死の体験談も聞かせて頂きました。

 当店スタッフも、ほぼ毎日応援要請を受け、
情報収集、点検、修理に出かけた事を思い出します。

 この時の沢山の資料をまとめて、
その経験を今後に活かせるよう、頑張りたいと思います。

posted by zeitakuya at 22:00| エッセイ

2021年03月11日

大震災10年 石巻市長からのメッセージ

 大震災から今年で10年になります。
 日本暖炉薪ストーブマイスターグループ (JFM) の「復興支援薪ストーブ設置プロジェクト」として、2011年の暮れに薪ストーブを寄贈・設置させて頂いた石巻市より、JFMに市長のメッセージを頂戴しました。

essay-20210311a.jpg
(画像クリックで拡大します)


 設置工事の際は、地元の多くの皆様にお力添えを頂きました。
 また被災の様子なども、お聞きする事もありました。

essay-20210311d.jpg


essay-20210311c.jpg
(「石巻かほく」2011年12月28日掲載)


石巻市での復興支援プロジェクトの様子は、こちらからご覧下さい

JFM復興支援 薪ストーブ設置プロジェクトの記事
posted by zeitakuya at 11:00| エッセイ

2021年03月07日

フラワーアトリエ ル・レーブ

essay-20210303a.jpg

 山元町 塩見さんのフラワーショップです。
 薪ストーブをお使いだった御自宅は、東日本大震災の津波で流されてしまいましたが、その後フラワーショップ新築の際に再び御依頼を頂き、薪ストーブを設置させて頂きました。

essay-20210303b.jpg

 震災当日、塩見さんは実家のお花屋さんにいて無事でしたが、お知り合いや友人をたくさん亡くされたそうです。
 お伺いすると、いつも明るくお元気で、かえって勇気を頂いています。

essay-20210303c.jpg

宮城県亘理郡山元町つばめの杜3丁目5−1
フラワーアトリエ ル・レーブ(Le Reve)
posted by zeitakuya at 20:00| エッセイ