2007年03月29日

愛鳥(防鳥)ネット

暖炉の煙突トップの チムニートップに 防鳥ネットを使用しています。
これは 雀(すずめ)が入らないようにする為ですが 、あまり細かいとススですぐ目が詰まってしまいますし、大きいと鳥が入ってしまいます。
煙突はステンレスでツルツル滑るにもかかわらず、上手に30cm以上しっかり藁(わら)を詰め込んで卵を産み、雛を育てやがて鳥は去っていきますが・・・・・。
昔はネットをつけていませんでしたので優しい方が、雀がチュン チュン鳴いて気づいていたのに、いづれ巣立っていくからとそのままにしていました。
ところがシーズンが来て、ストーブを焚いたところ煙だらけになってしまいました。
お電話をいただいて、お掃除ですがこれまた大変です!!とってもとっても藁(わら)の山、下手するとスルッと滑って途中でひっかかって、なかなか下に落ちてきません!
ある年、鳥が入っているから見てくださいと連絡が来て、伺ってストーブのフタを開けて中を覗いて ”ギョッ ” 大きなムクドリに睨(にら)まれて、一歩下がってしまいました!!

鳥が入ってストーブの中でバタバタしている時、すぐ放してあげると何度でも入ってくるので、しばらく我慢してもらい、夕方暗くなるちょっと前に家の窓を全開にして放してあげると、同じ鳥は2度と入ってきません。

当店の煙突トップにはアミがついていないので、シーズンオフに多い年で2〜3度鳥が入ってきます。
初めてですが、先日暖炉を燃そうとフタを開けたところ いきなり飛び出してきたのが、小さいカラス!(スズメは扉を開けても、人の気配を感じると隠れて出てきません。扉を全開しストーブから離れると、上手に1回で外に出て行きます)
何度も壁にぶつかりパニックになっていましたが、やがてスーッと出て行きました。
一瞬ハトにも見えたので、ひょっとしたらススで真っ黒になったハトだったかも知れません・・。
うっかり火を入れていたらと思うと・・・・!
やっぱり愛鳥ネット? かな?
posted by zeitakuya at 21:35| 暖炉