2005年11月04日

暖炉の使用説明

1台1台機種ごとに、空気の入る位置、燃え方、構造が違うので、暖炉を設置した後必ず暖炉を焚きながら使用説明をしています。
真夏の7・8・9月に設置した場合、暖炉を燃して使用説明をするのはとても暑くて大変なので、たいていは朝晩肌寒くなってからお伺いしています。
中には待ちきれず、8月に汗だらだらで毎日燃された方もあり、いまでも話の種になっています。

10・11月の日曜・祭日の大安の日には、時間をずらして2件・3件となる日もあります。
平日でも暖炉設置後すぐに燃してご説明し、夜、又別のお宅へお伺いし、使用説明をすることもよくあります。
暖炉の設置までには大変なこともたくさんありますが、はじめて暖炉の火を焚きいた時のお客様の笑顔が暖炉屋としての何よりの喜びで、疲れが吹っ飛ぶ瞬間です!

※施工例はほとんどがその時に撮った写真です。
  又、火が入っていない暖炉の写真は 煙突のお掃除後 新品同様に生まれ変わった暖炉です。
posted by zeitakuya at 12:50| 暖炉